空気公団 /山崎ゆかり

空気公団

1997年結成。第一期、第二期と固定メンバーで活動し、現在は第三期。
ボーカルの山崎ゆかりを中心としたプロジェクトです。
音楽制作・発表を中心にしながら、様々なアーティストとコラボレーションした展覧会の開催や、イベントなど音楽の聴かせ方、見せ方を追求しています。

山崎ゆかり

山崎ゆかり

青森県出身。
日本の音楽グループ『空気公団』代表。
作詞、作曲、歌、アレンジを担当。
空気公団のアルバムには『僕の心に街ができて』『ダブル』
『こんにちは、はじまり』など多数の作品をリリース。
絵本には、絵本作家・荒井良二との共作「トントンドア」がある。
ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、
それらを重ね あわせた音源制作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家との コラボレーションを軸にしたイベント、制作物等、 枠に捉われないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。
また、近年は他アーティストへの楽曲提供や音楽プロデュース、 CM 音楽制作、ナレーションなど、そして新たに結成した 音楽グループ「ユカリサ」としても活躍している。

ディスコグラフィ

  • 山崎ゆかり 1st album『風の中にうたう』

  • 空気公団 限定LP『僕の心に街ができて』

  • 空気公団 限定LP『夜はそのまなざしの先に流れる』

  • 空気公団 album『僕の心に街ができて』

  • 空気公団 album『Anthology vol.0』(3枚組)

  • 空気公団 album『ダブル』

  • 器楽曲盤 digital『芯空2/WATARU KUBOTA』

  • 空気公団 ep&digital『旅をしませんか(2015.5.27)』